独り言


 このページには、最近思ったことなどを、適当にかきなぐっています。

98年度分 
99年1月2月
 3月4月 5月6月 7月8月  9月10月 11月12月
00年1月2月
 3月4月 5月6月 7月8月9月  10月11月12月
01年1月2月3月
 4月5月6月  7月8月9月 10月11月12月
02年1月2月3月
 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
03年1月2月3月
 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
04年1月〜5月
 6〜9月 10〜12月

05年1月〜5月 05年1月〜12月

06年1月〜6月 06年7月〜12月

07年1月〜6月 07年7月〜12月

08年

09年

2010年 

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

 

 2018年

 

7月3日

 母は父に伴われて病院へ。帰りが遅くなるとのことなので、ベランダも庭も、私が水まきと草むしり。

 夕方、千葉公園プールへ。

 昨日のサッカーの試合で興奮状態といいますか、身体を動かしたい気分。まだ学生が休みに入っていないこともあり、プールはがらがら。思い切り泳ぎました! ……って、クロールで肩を回すと右肩がぐきぐきする。くそぅ。この夏のうちに治ってほしい。

 

 

 

7月2日

 凄い試合だった……。日本VSベルギーは……。

 私は祈っていました。日本の勝利を、ではなく、スポーツマンシップと闘志に満ちた戦いが繰り広げられることを。

 まさにそういう試合でした。

 前半戦、ファーストシュートは日本、しかしその後はベルギーがボールを持つ度にはらはらさせられっぱなし。前半戦両チーム無得点で折り返し、そして――後半戦になるや否や、ベルギーのゴールネットを原口のシュートが揺らし、言っちゃなんだが、まさかの先制点! とか思っていたら、さらに乾のミドルシュート! 嘘だろおい、2−0だなんて! 日本が2点差つけて強豪ベルギーの顔を青ざめさせるなんて!

 その後、死にものぐるいのベルギーの攻勢、一点、また一点と追いつかれ、最後は日本コーナーキックからのカウンターでベルギーが大逆転の3点目、そして試合終了。

 どこかがほんの少し違っていたら、勝っていたかもしれない試合だったと思います。

 でも、勝ち負けどうこうより……なんと美しい試合だったことか!

 両チームともフェアプレイで、ダイブするやつなんかいませんでした。ベルギーは体格で明らかに日本より勝っていたし、途中、2点リードされ精神的にもかなり圧迫されていたはずですが、ファールしまくる汚いサッカーではありませんでした。両軍ともに、フェアプレーのクリーンなサッカーで、それでいて死闘だった。

 起きていた甲斐がありました。

 日本代表が敗退したことに悔しさを感じないといえば嘘になります。でも、サッカーにおいて世界最高の舞台であるワールドカップで、近年、ダイブだのシミュレーションだのスポーツマンシップとはほど遠い卑劣な行為が蔓延している中、本当にサッカーらしい試合を観られた。嬉しかったです、本当に。

 

 

 

6月29日

 うーん……。

 昨夜の日本VSポーランドの試合、しょっぱかったですね……。日本はメンバーを大量に入れ替えて試合に臨み、先制され、最後は(コロンビアがセネガルに勝ってくれるのを祈ろう)と他力本願で、スコア1−0の負けている状態で時間稼ぎ。

 非難はしません。卑怯者と罵られてでも勝ちたいんだ、どうしてもワールドカップの大舞台でひとつでも勝ち進みたいんだ、そういう思いは、わからないでもないから。サッカーに人生をかけている人間と、汗を流さずただテレビを通じて試合を眺めているだけのただの観客との間には、温度差があって当然だと思う。

 でも、私にとっては幻滅以外のなにものでもない試合でした。

 日本の隣には韓国という国があります。

 2002年の日韓ワールドカップにおいて、審判が異常と思える韓国びいき(はっきりいって、ひいきではなく、不正としかいいようのないひどさであり、FIFAも大誤審と受け止めている)をして強豪国のイタリアから勝利を盗んだ件、また今大会で韓国が行った出場32か国で最多のファウルとイエローカードなどは、アンチフットボールであり、スポーツマンシップそのものを冒涜する卑劣な行為でした。

 戦争のような生存をかけた戦いにおいては、モラルに関する議論の入りこむ余地などないと思う。

 でも、スポーツは、逆に、モラルがなければそもそも『スポーツ』じゃない。そうは思いませんか? 勧善懲悪の小説や映画を楽しむように、きれいごとを否定してはならないものだ、そうは思いませんか?

 日本の代表チームには、韓国のようなド汚いサッカー(と呼ぶのさえヘドが出るようなサッカーもどき)ではなく、クリーンなサッカーで戦ってほしかった。その結果、グループリーグを敗退したとしても、正々堂々と勝負し力を尽くした上での負けを、私は美しいものとして受け止めていたと思います。

 残念でなりません。

 ただ、先にも述べたように、色んな人がいて、温度差があると思う……。日本がワールドカップの大舞台でもう一戦できるなら時間稼ぎしたっていいじゃないか、って人もいるでしょう。ドーハの悲劇を思えば、時間稼ぎも戦術と割りきるべきだ、って人もいるでしょう。そもそもサッカーなんてたかが玉蹴りじゃねえか、汚いだのクリーンだの目くじら立てて議論するほどのもんか? って人もいるでしょう。

 でも、さあ。

 千葉地裁で色んな裁判を見ていて、思うんだよね。

 法律の前に、まずは倫理があるべきだ、って。

 法律で禁止されている成分じゃないから、これはドラッグじゃないんですよ、覚醒剤取り締まり法違反にはならないんですよ、って論法で、脱法ドラッグを販売し、流通させるのは、法律違反じゃないから許される行為なのか?

 まあ……ネイマールが性懲りも無くごろんごろん転がりまくるのを見ても、しょせん、サッカーにクリーンさを求めること自体、無駄なのかもしれませんね。

 

 

 

6月27日

 母は父に伴われて病院へ。私はアザミの撤去や水まき。アザミのトゲって、バラよりずっと危険なんです。鋭いし、細いし、長い。こういうのをガードできる特殊な手袋をして作業にあたっているのに、角度によっては刺さってくる。ちくしょうめ。

 午後、パン屋へ買い物に行く途中、小学校の前を通ったら、二年生か三年生くらいと思しき子どもたちが、水着で校門の前に整列していました。そっか、もうプールの授業が始まっているのか。千葉公園プールが6月30日からなので、あと三日で私も泳げるようになる! プールが始まったら、肩のリハビリもかねて、たくさん泳ぐぞ!

 その後、帰宅して水まきを始めたら……強風で二階のベランダのバラの鉢が倒れちゃってる。むー。母が健康をとりもどさないと、今後、二階のバラをすべて育てて行くのは不可能になると思う……。

 夕方、両親が帰宅。今日は、痛みの原因を探るため入院も視野に入れて行ったのですが、さしあたり今日のところはブロック注射のみで、しばらく経過観察、とのこと。

 そして、夜はワールドカップ観戦!

 韓国の敗退はほぼドン決まり、しかし、メキシコ、スウェーデン、ドイツは三つどもえで、メキシコは勝ち点6なのに敗退の可能性があるという、とんでもない戦い。まあでも、順当にいけば、前回王者のドイツが韓国を軽く下してグループリーグ突破、メキシコも通過、ってところか。

 ……と、恐らく、地球上でワールドカップに関心がある人々のうち、九割がたが、私と同じ予想をしていたと思います。

 ところが、いざドイツVS韓国の試合が始まったら、え……なにこれ。韓国は勝つしかないのに自陣に下がってべたべたに守っているし、ドイツもドイツで、ブラジルを圧倒的パワーで粉砕した前回ワールドカップのようなキレ味がぜんぜんないんですけど。というか、前回王者なのにグループリーグ敗退がかかっている一戦だってこと、ドイツはわかってんの? とテレビに向かって語りかけたくなるくらいしょっぱい試合。

 うーん、なんだこれ。ネットの実況スレッドを眺めても、なにこれドイツやる気あんの? って呆れムード一色。

 ひょっとして……。メキシコがドイツに勝ったのって、メキシコが強かったというより、ドイツが弱かったってことだったのか……? 実際、ドイツはスウェーデン戦もそうとうにやばかったしなあ……。

 で、同時間に開催されているメキシコVSスウェーデン戦の方へチャンネルを変えたら、うわああああああああ! なんだこれはー! スウェーデン先制! マジかよ! これ、ドイツのグループリーグ敗退もありうるぞ! とか思っている間に、スウェーデン、追加点! 2点差になっちゃったよ!

 恐らくメキシコの選手たちはこの段階で、(ドイツが韓国に負けるなんて、絶対にありえない。そうなると、おれたちがグループリーグ敗退の可能性濃厚!)と思って、焦ってしまったんじゃないかな。その後、さらにオウンゴールで1点とられ、スコアは0−3という恐ろしい数字に!

 スタジアムで観戦していたドイツのサポーターたちは、スマホなどでメキシコVSスウェーデンの途中経過を知り、(えぇー! 最強王者のはずのドイツがグループリーグ敗退もありうる!)とやきもきし、てんぱりながら眼前の選手たちを注視していたんじゃないでしょうか。

 ところがそのドイツVS韓国は、あいかわらず両軍ともにしょっぱい試合を続けていて……。韓国はすでに自力でのグループリーグ突破の可能性は消えている。しかも進出条件はメキシコがスウェーデンに勝つことなので、スウェーデンが後半戦も半分以上すぎて3点リードしているとなれば、無理無理絶対無理かたつむり。問題は、ドイツ。引き分けで試合終了なら、ドイツは落ちる!

 その試合が、突然動いた! 韓国のシュートが決まった……かに見えたが、審判はオフサイドの判定。が、VARで判定がくつがえり、まさかまさかの韓国先制!

 げぇー! ドイツはこの戦い、勝つのがグループリーグ突破の絶対条件だよ? こんなしょっぱい試合運びしてきたドイツが、残り時間もわずかなのに、ここから2点とるなんて――できるのか?

 すると、もはや全員で攻撃しなければならない局面だとの判断でしょう、ゴールキーパーのノイアーまでが前線に! 嘘だろ、おい、サッカー漫画かよ! ゴールをがらあきにしちゃうのが大好きなノイアーさんとはいえ、これはやりすぎだろ! ドイツのゴールはがらあき! 無人!

 ああ無情。直後、ドイツはボールをとられ、パスが通って、韓国が無人のゴールに蹴りこんでさらにもう一点。

 時間切れとなり、試合終了。

 なんてこった。前回王者のドイツが敗退! しかも、得失点差を考えると、これ、ドイツが最下位での脱落ってことか? うわあ。サッカーって怖いな。

 スウェーデンに3−0で負けたメキシコの選手たちは(ああ、なんてこった。ドイツが韓国に負けるわけないし、おれたちはグループリーグ敗退だ)と思っていたはずで、それが、まさかの突破。地獄から一気に天国へ。

 いやー、今大会は見所満載ですね。

 

 

 

6月25日

 献血の結果通知。

 特に問題なし! ……ん? コレステロールだけちょっと高いか。なんで? まあでも、この程度の数値ならまだ気にしなくても良さそう。

 それはそうと、母の足がまったく良くならなくて、このままだと近い将来、車いす生活もありうる。原因が判明して、治療できるといいんだけど……。

 

 

 

6月24日

 さすがにこの試合は、録画で見てもつまらん! ネットの実況見ながら、リアルタイムで見ちゃうぞ!

 てなわけで、深夜のサッカー観戦。日本VSセネガル!

 あっというまにセネガルに先制され、(うわあ……)と思ったものの、前半戦のうちに同点ゴール!

 後半戦も、セネガルに再び1点を奪われるも、さらに同点ゴール! うわああああ! ドーハの悲劇をリアルタイムで見ていた私の世代にとっては、夢かと思って目をこすりたくなるような強さ!

 なにより嬉しかったのは、これほど強いセネガルを相手に、反則の数で日本がセネガルを下回っていたことです。

 いやー、ヤクルトの交流戦優勝といい、今年は、あっと驚くことが多いなあ。

 

 

 

6月22日

 ひさしぶりの晴れ間。千葉駅までウォーキングし、ランチをして、その後、モノレール駅構内で献血。

 今回は血圧制限(上が90以上)をクリアできましたが、そのうち下回って断られるようになるんじゃないかと、気が気ではありません。

 にしても、今回は、針を刺すのがへたなナースに当たっちゃって、しょんぼり。

 それはそうと、献血するたびにマリーンズの缶バッジを1個もらっているんですが、そろそろほかのお土産というか、プチ嬉しいアイテムを導入してほしー。

 

 

 

6月21日

 うーん……。

 歳をとると血圧が上がるっていうけど、今年の春ごろから、なぜか血圧が下がってきている。なんで?

 起き抜けのだるさや食後の眠気などが、はんぱないです。くそぅ。

 

 

 

6月20日

 どうせ一勝もできないままグループリーグ敗退でしょ、みたいな雰囲気で盛り上がりにかけていたサッカー・ワールドカップですが、まさかのコロンビア戦勝利で、テレビはこれ一色に。勝てば官軍とは良くいったものです。

 私は今大会、日本の勝敗も気にはなりますが、それ以上に、VARの導入がどう影響を及ぼすかに注目しています。

 これまでの……というか2000年代に入ってからのワールドカップって、世界最高の舞台で世界一流の選手たちが、勝ちたいがために醜悪極まりないラフプレー(はっきり言えば、卑劣な暴力)に走ったり、ちゅうちょなくベッドサッカーしたりと、つばを吐きたくなるようなシーンがあまりにも多すぎたと思う……。まあ、サッカーってスポーツのルール自体に、そういうプレーが入りこんじゃう余地がありすぎる観は否めませんが……。

 恐らく多くの日本人は、日本代表に勝って欲しいと思っていることと思います。私もそうです。

 でも私は、醜く卑劣な戦いかたで勝つより、美しく戦って負けるほうがずっと価値あることだと思います。戦争じゃなくて、スポーツなんですから。

 サッカーが多くの国で愛されているのは、なによりもまず、楽しいからじゃありませんか? 

 小学一年生の甥っ子が実家へ来た際、公園で一緒にサッカーボールを蹴りましたが、ただそれだけのことが、私も甥っ子も、むしょうに楽しかった。そこに、サッカーの根源があると思う。

 世界最高の舞台で、一流の選手たちが卑劣なクズプレイをしまくる、そんな醜悪なサッカーを誰が見たいっていうんだ? 子どもたちが、そんなクズプレイを(こういうのがプロのプレイなんだ!)と思いこんで世界中で真似をし、醜悪で卑劣なサッカーまがいスポーツまがいの『なにか』が蔓延してゆく、そんな光景があっていいのか? 

 VARの導入で、世界一流のクラブでプレイしている、しかし卑劣なプレーを厭わないダーティーなクズどもが、審判の公正な裁きにより痛い目見ることを、願っています。

 

 

 

6月18日

 早めに起きて支度をし、千葉地方裁判所へ。今日は、松戸のベトナム人少女殺害事件の第10回公判。

 到着したら、報道車両は来てるし、傍聴券抽選の列も人がたくさん。まだ判決じゃないのに、こんなにも……。この事件、世間の注目度が高いんだなあ。

 で、一般傍聴のため集まった人数は、65席のところへ160人以上。抽選の当選確率はおおよそ三分の一。私に配られたのは33番。当たってくれ。

 結果は……はずれ。1番ちがいの、32番の人が当たっているというのがやるせない。しょぼーん。

 しかたない、ほかの裁判を傍聴して帰るか、と思いかけたものの、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様だし、モノレール駅で献血して帰ることに。

 JR方面へてくてく歩き、モノレール駅構内の献血ルーム(10時から)に、10分くらい前に到着。で、わざわざ開くまで待って、入ったんですが――。

「成分献血の、血漿のほうで。血小板だと時間かかりすぎちゃうんで」

「ご予約のかたですか?」

「えっ……? いえ」

「あ。すみません、今日はご予約の方が入っておりまして、成分献血、11時30分以降からでないとできないんです」

 まじで? 朝イチで予約してまで献血をする人が、それも複数いるってのは、世の中捨てたもんじゃないな、って気持ちになる、いい話ではあるんだけどさー。献血ルームで1時間半も待機して、さらに1時間以上かかる成分献血ができるほど私は暇じゃありません。といって、全血の方は8月までできないし……。

 というわけで、献血せずに帰宅。

 そしたら、関西で起きた大地震のニュースが。うわあ……。今日は、なんなんだ、本当に……。

 夕方には、整形外科でリハビリ。

 雨が降らずにすみそうな空模様だったので、スクーターで行ったのですが、大混雑でかなり待たされる羽目に。でもって、帰る時には雨が降り出していて……。

 もーほんと、ぐだぐだもいいところの一日。

 整形外科から帰宅後、ネットのニュースで、傍聴できなかった裁判の内容について調べたところ、検察が死刑を求刑したとの情報。

 冷酷残忍な犯行であり、ほぼドン決まりの証拠が山ほどあるのに、被告人は無罪を主張している。裁判員の心証は最悪だろうから、求刑通りの死刑判決が下る可能性もあると思う。

 もっとも、その場合、被告人は、即日、高裁へ控訴するはず。

 そうなると、高裁で死刑判決を覆して無期懲役、となってしまうんじゃないかな……。

 正直いって、現状、日本の裁判員制度は、裁判所の『裁判所は、国民のみなさんの民意を取り入れているんですよぉ〜。浮き世離れした感覚で判決を下したりはしていないんですよぉ〜』ってアリバイ作りに利用されているにすぎないと思う。

 

 

 

6月16日

 ううっ、寒い! 北海道で雪が降ったというのもうなずける寒さ。

 ひさしぶりにグラタンを作って、むしゃむしゃ。心も身体も、ぽっかぽか。

 にしても、季節の変わり目だとか急に寒くなっただとかのせいなのか、夜に入ってから、右下腹部に痛みが出てまいった……。ほんと、なんなんだ、これ。

 

 

 

6月14日

 千葉地裁では、例の、松戸であったベトナム人少女殺害事件の裁判が続いています。

 で、私も傍聴のために並んだのですが……。

 傍聴券抽選の列に、この裁判についてずいぶんと楽しげに話をしている若い男女がいまして。

 非常に嫌な気分になり、列を離れて帰宅しました。

 裁判、わけても刑事裁判の傍聴には、中世の火あぶりや八つ裂きほどではないにせよ、刺激的な見世物としての側面があるのは否めません。毎度毎度、色んな裁判を傍聴している私にも、(見世物を、見る)という感情がないと言えば嘘になる。

 しかし、心を表出させるのとそうでないことの間には、大きな差があると思う。

 小学生の女の子が殺害された事件について、和気藹々と、それも他人が見ている前で、笑顔で語りまくれるやつらって……。まったく、どういう精神構造をしているんだ?

 6月5日の裁判の傍聴の際、記者に対しても嫌な感情を抱いたけれど、今日のはもっとひどかった。

 

 

 

6月12日

 紫陽花のシーズンなんですが、庭の端っこにある紫陽花、昨年、植木屋に切られすぎてしまって、花が咲きません。うむむむ。

 梅の実を拾ったり草むしりしたり花がらをとったりしていたところ、アーチのところにあるバラの葉に、謎の虫がたくさんついちゃってて、急いで撤去。

 ロイヤルサンセットには黒星病(葉っぱが黒っぽくなる)が出ているし、バラってほんと手がかかります。

 

 

 

6月5日

 早起きして準備を整え、徒歩ではなくスクーターで千葉地方裁判所へ。

 傍聴券の抽選のための列に並びましたが、あれ? たいした人数でもないような……? これほど知名度の高い裁判でも、初公判と判決以外は、さほど傍聴希望者がいないってこと?

 結局、集まった傍聴希望者の人数は、傍聴席の数以下。このため、抽選なしで全員に傍聴券が配布されました。

 201号の大法廷での裁判でしたが、さすがに警戒厳重。法廷の前で手荷物検査、金属探知機による検査。さらに、法廷内に手荷物やスマホの持ち込みは禁止(番号札をもらって、預ける)。持ち込んでいいのは筆記具のみ。

 午前10時、開廷。

 あらわれた澁谷被告は、疲労困憊しているというか、呆然としている印象でした。

 被告人は無罪を主張しており、弁護側の言い分は、『キャンピングカーなどから採取された被害者DNAなどの間接証拠は、事件を解決しようと熱心な警察官がねつ造したもの』というもの。

 で、この日の裁判は、検察側の証人である警察官(事件があった松戸の警察官かと思いきや、我孫子から応援に来た警察官)の尋問から始まりました。

 しかし、なんというか……。検察側は『被告人のキャンピングカーの内部の物品から被害者のDNAが採取された。で、そのDNAは、採取した警察官が手袋やマスクをしていたから汚染されているはずないし、保管などの手続きにも問題はなかった』って路線で公判を進めたんですが……。

 争点となっているのは、厳密にはそこじゃないんだよね。

 弁護側は、警察が証拠をねつ造した、と主張している。だから、『こういう証拠を採取して保管した。その証拠に問題はない』ではなく、『こういう証拠を採取して保管した。採取や保管の際に警察官がねつ造を行える余地は、こうこうこういう理由で物理的に不可能だった』と反論しなければならない。

 上記の問題、また、証人の警察官の返答に要領を得ない部分が散見されたため、弁護側の反対尋問の後、裁判長がたまりかねた様子でこのことを問いただしました。さらに裁判長が検察に対して、「わかりきっていることと思われるかもしれませんが、ここが争点なんですから、検察側は聞かないと」と少しいらだった口調で注意を促すことに。

 うーん、こんなんでだいじょうぶなのか、この裁判は。

 もっとも、被告人が全面否認で無罪を主張しているとはいえ、被告人のキャンピングカーから被害者のDNAが、また被害者の腹から被告人と被害者の混合DNAが出ているんで、クロなのは、ほぼドン決まりといえるんですけどね。つーか、被告人所持のキャンピングカーに、なんでSM用の手錠や足錠やフェイスマスクなんかがあったんだよ、どう考えても怪しいだろ、って印象ですけど。

 ただ、無実の人間が罪に問われるのは、死刑であるべき人間が罪を免れるより、はるかに恐ろしいことです。だから、検察もそのあたり、みんなが納得のゆくよう、厳密にやってほしい。

 それと――。

 陪審員席に向かって左側が記者席となっており、数えたら二十三席が記者席だったんですが、最前列に座っていた女性記者二名が、休廷時間とはいえ、さもおかしそうに法廷内で談笑していました。それって、どうなんだ? 裁判長が休廷を宣言したとはいえ、関係者席(記者席の反対側)には、まだ被害者の遺族もいて退廷していない状態なのに。子どもを殺された人たちが、まだ法廷内にいる、それを考えたら不謹慎だとは思わないのか?

 法廷内にスマホの持ち込みが可能だったら、私は、あの様子を録画していたと思います。動かぬ証拠として。

 

 

 

6月4日

 裁判傍聴のため、千葉地方裁判所へ。

 今日は天気もいいし、健康貯金と思ってウォーキングで行こう、と思い立ち、水筒そのほかの準備を整えて出発。

 途中、千葉公園を通ったら、アヤメが見頃。でも、大賀ハスの方はまだ一輪も咲いていない状態。

 で、裁判所へ着いたら……んっ? なんだこれ! 日テレほか、報道車両がたくさん停まってる! でかい事件の裁判か?

 足早に庁舎へ入ったところ、ベトナム人少女リンちゃん殺害事件の、澁谷被告の初公判でした。傍聴券の抽選券配布は8時45分から。しかし私が到着したのは9時20分ごろ。時すでに遅し。

 でもって私は八階の法廷で十時から開廷の、麻薬事件を傍聴したのですが……抽選に漏れた連中が(このまま帰るのもなんだし、なんか別の裁判を傍聴してくか)とわんさか集まっちゃって、傍聴席がいっぱいいっぱい。こういう言い方はなんですが、タイ人の女が陰部と下着に麻薬を隠して密輸しようとして成田空港で税関職員に捕まり、検察側の控訴事実については争いません、でも量刑については争います、というごくありふれた裁判なのにこんなに傍聴席が埋まるってのは……。むぅ……。裁判長や検察官は、内心で(しょーがねーなー、もー)と呆れていたかも。

 ともあれ、明日、澁谷被告の第二回公判と知ったからには、行かねば。そういう全国的に認知度の高い裁判って、私はまだ傍聴したことがないんです。

 

 

 

6月3日

 草むしりとバラの花がら除去のため庭に出たら、バケツからばたばたと妙な音が。

 なにかと思って覗き込んだら、バケツに入ったトカゲが壁を上れないため出られなくなり、もがいていました。

 「恩返し、頼むぞ」とひと声かけてから、救出。

 浦島太郎が助けたのも爬虫類だからな! これはけっこう期待できそうだ……!

 

 

 

5月29日

 実家へ顔を出して両親の様子を見つつ、庭の草とりや花がらの撤去。

 もうバラも終わり。次は紫陽花の季節です。

 

 

 

5月28日

 父の風邪が長引いており、私が母を連れて東大病院へ行くことに。

 東大病院で診察してもらうのは緑内障ですが、母は足がかなり悪くなってしまっていて、駅構内の上下階の移動は、もはやエスカレーターでは無理。エレベーターでなければなりません……。

 7時20分に家を出て、9時ごろ東大病院に着き、診察してもらい、眼球内の写真を撮った後、浮腫をとるためのステロイド注射。その後、病院内の精養軒で昼食をとり、帰宅したのは午後3時すぎ。

 手術した右眼の眼圧、以前は低すぎだったのが、ちょうどいい数値になっていて、それはいいのですが、眼球内の浮腫がなかなかとれないなど、まだまだ予断を許さない状態です。

 

 

 

5月27日

 マルエツの朝市へ行って、両親に頼まれた買い物。

 安い! しかも、物が悪くない! となると、人が集まってたいへん。

 その後、庭の草むしり。

 その最中、バラの葉の裏に奇妙なものを発見。なんだこれ? バラ色の、大きさ五ミリから一センチほどの球体がたくさんある……。

 ネットで調べたところ、バラハタマバチという虫が作る『虫こぶ』と呼ばれるもの(虫が卵を産む際に注入するウイルスにより、バラが形成する球体)で、中に幼虫が入っていると判明。バラに害はないそうなのですが、母に報告したところ、撤去する方向で対処することに。益虫なら、放置で良かったんだけど……ね。

 にしてもほんと、この庭のみならず、近くの公園や保護林でも、テントウムシを見かけなくなりました。

 私が子どものころは、ナナホシテントウが、そこいらじゅうにいたんです。

 テントウムシはアブラムシの天敵なので、バラを育てている人間にとっては益虫。いるとありがたい虫なんです。

 

 

 

5月24日

 実家へ顔を出して母に具合をたずねたところ、リリカがきかないのでロキソニンに戻したとのこと。

 うーん……。

 しかも父は風邪がぶりかえしてしまい、病院へ。

 うーん……。

 草むしりをしたり、昨夜の雨でバケツやトロ箱にたまった水を捨てたりした後、ウォーキングがてら穴川の神社へ行ってお参りしました。家族の病気が治りますように。……って、ウォーキングの途中、右下腹部がずきっときて、あせっちゃったよ! まあ、少し休んだらすぐに痛みは消えたけど。

 天気もいいし、お参り後は千葉駅までウォーキング。ついでといってはなんだけど、モノレール駅構内の献血ルームへ。全血は8月までだめだけど、成分献血ならできます。

 ところが。

 献血は、事前の検査で血圧が90を下回るとハネられます。私は生まれつき低血圧なので(いわゆる本態性低血圧)、献血をする時は電車を使わずウォーキングで千葉駅まで行きます。身体を動かすことによって、血圧が少し上昇するからです。

 にもかかわらず、カウンターのそばの機械で計測したら、上が90で下が49。ぎりぎりもいいところ。

 医師が問診チェックした際、血圧が低すぎるとのことで、もう一度、手動の、ポンプみたいなのをしゅこしゅこやる血圧計で計測することに。

 医師「92……。ちょっと低いかな……」

 私「まあでも、もともと血圧が低いほうなので」

 結局、OKということになり、成分献血。すでに本日分の血小板は足りているとのことで、血漿で献血。

 血小板だと5セットですが、血漿だと4セットなので、所要時間が少なくてすみます。まあそれでも、一時間かかっちゃったけど。血圧が低いと、献血って時間がかかるんです。

 神社にお参りしたし、プチ善行も積んでおいた。これで少しは事態が好転するといいんだけど、と祈るばかり。

 

 

 

5月23日

 母は病院で診察してもらったものの、痛みの原因は不明。

 痛み止めの薬をロキソニンからリリカへ変更したのみ。

 まあそれでも、痛みが小さくなるなら、それに越したことはないんですが。

 

 

 

5月22日

 両親とともに、幕張のマンハッタンのザ・テラスのランチへ。

 料理はおいしかったけど、でも……。母は右足のみならず左足にも原因不明の痛みが出ていて、私か父が手を引いてあげないと、階段を上れない状態。

 明日、整形外科でドクターに診てもらう予定なので、原因及び治療方法がわかると良いのですが。

 帰宅後、いつもの水まき。バラの葉の裏に、卵を発見。青虫や毛虫の卵が散見される季節なので、要注意。即座に撤去!

 

 

 

5月21日

 母は緑内障の診察ため、父にともなわれて東大病院へ。

 私は午前中、整形外科へ。さすがに元通りとはいきませんが、だいぶよくなってきています! 6月中旬にドクターに診てもらい、オーケーが出れば整形外科卒業。ふぅー。

 その後は、いつもの草むしりや水まき。

 両親帰宅後、「どうだった……?」とこわごわたずねたところ、眼圧が低くなりすぎてしまっているとのこと。うーん……。高すぎてもだめ、低すぎてもだめ、難しいですね……。

 

 

 

5月18日

 父とともに、金魚鉢の掃除。

 金魚鉢といっても、庭に設置しているでかいやつなので、金魚をバケツに退避させ、水を抜いて、掃除して、周囲の草を刈って……と、けっこうな手間。

 それはそうと、バラの見頃もそろそろ終わり。

 梅の実もだいぶ大きくなってきたし、そろそろ梅雨、そして紫陽花の季節、か。

 

 

 

5月16日

 父とともに、庭のパーゴラのペンキ塗り。防腐剤の入ったペンキです。

 刷毛やペンキや小皿を用意し、脚立を立てて登り、まんべんなく塗布。

 私はファーストガンダムの直撃世代であり、ガンプラブームを体験しています。当時、ガンプラに筆でラッカーをいっしょうけんめい塗ったっけ。横方向に塗ってから乾かし、今度は縦方向に塗ることで、色の定着度がぐっと増すんですよね。

 そんなことを思い出しながら塗りました。ぬりぬり。

 

 

 

5月15日

 四人殺傷の事件は、女の子が病院へ運ばれるも助からず死亡。

 そして逮捕されたのは、なんと元市議会議員。

 こいつ、知っている……! 選挙の時、演説しているところへ通りがかったんですよ。あやふやというか、とらえどころがないというか、焦点が定まっていないというか、なにが言いたいんだ? みたいな演説でした。まあ、しょせん民主党の候補だからな、くらいに思っていたんですが、後にこんな事件を起こすことになるなんて。

 こいつの裁判はぜひ傍聴したい。なにがどうなってこんなことになったのか、詳細を知りたい。

 でも全国レベルで報じられた事件だし、傍聴券の競争倍率はかなりのものになるはず。傍聴したくてもできない可能性が高いんですよね。

 

 

 

5月14日

 午前中、駅前のイオンへ買い物に行くついでに、昨日のニュースで報じられていたお店の様子を見てきました。

 今朝のニュースにより、さらに詳しい状況が明らかになっていましたが、四人家族(父、母、娘が二人)と、母の兄が食事をしていたところ、兄が刃物で四人を刺したとのこと。

 店の入り口には黄色いテープが貼られ、警察官が立ち、その前には複数台のカメラ。ひいたアングルから撮影するためか、向かいの通りにもカメラが。そして、私が様子をうかがっている時、パトカーが来て、複数の警察官が店の中へ……。

 ものものしい。

 私にとっては、身近な距離で起きた大事件です。早く詳細が知りたい。

 

 

 

5月13日

 夜、とんでもないニュースが。

 千葉市稲毛区小仲台の飲食店で、殺傷事件! えぇー! 最寄りの駅であるJR稲毛駅からほどないお店! 私は利用したことないお店だけど、いったいぜんたい、なにがどうなったんだ? 酔っ払いのケンカ? 

 続報が待たれます。

 

 

 

5月12日

 どうやら喉の痛みは峠をこしたぞっ!

 薬の力は偉大ですなー。

 

 

 

5月10日

 急に気温が下がった際、寝冷えしたのか、喉が痛くて痛くて、つばを飲みこむのさえ痛い状態。

 耳鼻咽喉科へ行って診てもらい、薬を処方してもらいました。

 てゆーか、実家に顔を出したら、父と母も喉が痛いって言ってるんですけど。医者に行って薬もらってきたそうなんですけど。うおあー。

 ここ数年の我が家は、健康ってもののありがたみを思い知らされることが多すぎます。

 

 

 

5月7日

 大雨。

 母は父に伴われて、東大病院へ。本日の診察の結果、眼圧が安定。良かった……。ひさしぶりにいいニュース。もっとも、手術によって下がりすぎた眼圧を上げるため、少し前に、ジェル?のようなものを注入していたので、二週間後にある次の外来診察の結果が出るまでは安心できない、かな。

 

 

 

5月6日

 うぅ……。甥っ子とボール蹴ったり走ったりしたせいか、筋肉痛で身体ばきばき。

 

 

 

5月5日

 弟夫婦と甥っ子が実家に来たので、例によって私が甥っ子の遊び相手をつとめることに。

 あいかわらず、いや、以前にも増して、この子は体力ありあまっているなあ……。公園でのボール遊びや追いかけっこでへとへとに。

 でも、ここ一年ほどで急激に母の健康状態が悪化したことを思うと、やはり人間、健康や元気に勝るものはありません。病気や怪我なく、すこやかに育ってほしい。

 

 

 

5月4日

 ほんと、今年の春はあたたかい。これまで、やや咲き遅れていたパレードやゴールデンセレブレーションなどのバラも咲き始めました。ジキタリスやアマリリスなどの春の花もあっというまに咲き始めています。マーガレットなどは、もう今年は終わり、かな。

 にしても、雑草の生育スピードも尋常じゃない。毎日実家で草むしりと水まき。

 

 

 

5月2日

 昨日に続き、母は今日も病院へ。

 場合によっては入院する可能性があるかも、と父が心配し、私は入院用の品々のケースがある実家で待機。

 しかし、これといって問題はなかったとのこと。ふー。

 

 

 

5月1日

 手術をした目の状態が悪く、本来の外来診察は5月7日であるものの、母は父に伴われて東大病院へ。

 ゴールデンウィークのうえに、学会があるため、東大病院では診られる医師がおらず、明日また来てくれとのこと。

 二人ともわりあい早めに帰宅したのですが、その後で、事件発生! なんと、キッチンのレンジ周辺から、何かが走り回る音と、ネズミのものらしき鳴き声が……!

 結局、駆除業者を呼ぶことに。ネズミは捕まらなかったものの、業者の方があちこち調べて帰った後は、音はいっさいなし。ふぅ……。

 

 

 

4月23日

 父が具合を悪くしており、私が母を東大病院へ連れて行くことに。母はもうかなり目が悪くなっていて、一人で病院へ行ける状態ではありません。また、入院中はなぜか軽くなっていた足の痛みがぶり返しており、駅からはタクシーをつかまえて移動するほかない状態。

 世の中、病人がたくさんいますね。東大病院、大混雑です。10時から10時半の診察予定でしたが、診察が終わって会計も済んだ時には午後3時すぎ。それはしかたありませんが、しかし……手術後、初の外来診察となる今日の眼圧測定によると、眼圧がなんと3しかない状態! 下がりすぎ!

 担当医の先生いわく、時間が経てばこれから眼圧が上昇してくるはず、とのことですが、だいじょうぶかなあ……。

 

 

 

4月22日

 うーん、雑草の育ちが早い。毎日せっせと、実家の庭の水まきと草むしり。

 それにしても今年の春はかなりあたたかいようで、バラがもう咲き始めています。ドルトムント、サマースノー、ロイヤルサンセットなど、どれもこれも一輪、二輪、と咲いて……このぶんだと、ゴールデンウィーク前に満開になっちゃうのでは?

 

 

 

4月20日

 父が帯状疱疹を発症。目が痛いといっていたのは、どうやらこれの前触れだった模様。

 帯状疱疹って子どものころ水ぼうそうにかかった人が、水ぼうそうのウイルスによって発症するものだそうです。ただし、水ぼうそうと同様、帯状疱疹も、一度なることはあっても、二度なることは稀な病気。

 父はこれが二度目の帯状疱疹なので、珍しいケースです。まあ、歳だし、疲れがたまっていたりして、免疫力が低下していたんだろうなあ……。

 幸い、私は子どものころ水ぼうそうになったことがあるため、ウイルスに感染する恐れはありません(すでにウイルスキャリアであるため)。

 

 

 

4月15日

 母の入院期間、本来は2週間の予定でしたが、眼圧が下がって安定したとのことで、今日、退院。

 同室の人に、手術したはいいが退院後に眼圧が急上昇してしまった人がいたため、少し早い退院ではあるものの、母は不安げ。今度こそ手術がうまくいって、これ以上の視野欠損は食い止められるといいのですが。……まあ、すでに視野の中心部が欠けてしまっている状態ではあるんですけど……ね。

 

 

 

4月13日

 東大病院へ。

 うーん、東京駅で降りると、東京ってほんと人が多いなあ……と今さらながら感慨を抱きます。人口が一極集中しすぎだっつーの!

 母は眼圧が安定していることもあってか、落ち着いた様子。眼圧は15。この数値で安定してくれるなら、手術の甲斐があったというものです。もちろん、まだまだ安心するのは早いけれど。それに、眼圧を下げる薬を停止しているため、やはり左目の眼圧が高止まりの状態。右の手術がうまくいったなら、左も手術すべきじゃないかと。

 それはそうと、父は目が痛いとのことで、近所の目医者へ行っています。

 逆まつげとかなら抜いてそれで終わりですが、ものもらいなんかだと、感染の恐れがあるので、今後は私が病院へ行く形となるかも。

 

 

 

4月12日

 庭の水まきをしていたら……うわ! やっぱり来てるよ、スズメバチ!

 まあオオスズメバチではなくヒメスズメバチですけどね。それでも、スズメバチはスズメバチ。

 巣が撤去されているのを知って、(あれ? なんで巣がないんだ?)と戸惑っているのか。それとも、すでに、(ここにまた新しい巣を作ろう)って気でいるのか。昨年は知らないうちに巣を作られてしまったので、今年は要注意。

 

 

 

4月11日

 東大病院へ。

 母が洗髪するため、一階の売店にてシャンプーとリンスのミニボトルを購入。

 なんと病棟に、洗髪のための部屋があり、床屋さんにあるような、洗髪のためのリクライニングシートもある……! さすが東大病院、設備がすごい。

 問題の眼圧は、下がった状態。ただ、正常な眼圧とされるのが10〜20で、右目の眼圧が10なので、今度は下限ぎりぎり。まあ、それでも、眼圧が40に達していたこれまでを思えば、遙かに良いといえますが。

 

 

 

4月9日

 今日は父が病院へ。私は実家の庭の水まきと草むしり。

 母はまだ眼圧が高い状態。夕方にレーザーで縫った箇所を少し切って調整するとのこと。

 

 

 

4月8日

 母が退院するまでは、私と父が日替わりで様子を見に行き、また、入り用なものを持ってゆきます。

 というわけで、今日は私が東大病院へ。

 母は足の痛みが薄れたことで精神的には安定している模様。でも、眼圧が……。手術した右目の眼圧がじゅうぶんに下がっているとはいいがたい状態。また、眼圧を下げる薬を一時中断しているためか、左目の眼圧が上昇。

 ただ、担当医の先生が毎日診察してくれる上に、眼圧がきちんと下がった状態で安定したら退院、という形なので、結論を急ぐ必要はありません。

 それにしても、お見舞いに来ている人の中には、おじいさんやおばあさんが小さな子どもを連れてきているケースが散見されます。

 恐らく、その小さな子どもの、父か母が入院しているのでしょう。

 外来患者の待合室を見ても、ほんと、世の中、病人や怪我人がいっぱいいます。

 

 

 

4月6日

 朝八時から、母の手術。

 というわけで五時に起床。支度を調え、父とともに六時に出発。

 稲毛→総武線快速で東京駅→丸の内線で本郷三丁目。

 東大病院、私は初めて行ったのですが、さすがは歴史ある大学病院。敷地も広いし、建物も大きい!

 でもって入院病棟へ行ってみて、これまたびっくり。広々しています。看護師もたくさんいます。

 すでに目の手術を数回しているため、母は落ち着いたもの。というか、入院してから、これまで悪かった足の調子がだいぶいい、とのこと。手術のため、これまでしていた目の薬をいったん中止しています。もしや、そうした薬の副作用が足(というか、神経)に出ていたのかも……?

 手術開始後は、病棟の談話室で父と待機。この談話室がまた、広々としていて、眺めもよくて、感心することしきり。

 過去の手術では、母は術後に麻酔の影響で頭痛や吐き気があったのですが、今回の手術ではそれがなく、私も父も少し安心。

 この手術で眼圧が下がった状態で安定するのを祈るばかり。

 

 

 

4月5日

 母は父に伴われて、東大病院へ入院。私は実家で草むしりと水まき。

 庭は春の花がたくさん咲いています。

 もし、母が失明してしまうとしても、まだまだ先のことであってほしい。

 

 

 

4月4日

 実家に、新型のマッサージチェアが届いたので、私も体験。

 うわー! なんだこれは! 今のマッサージチェアって、こんな凄いの? あっちこっちいろいろ揉んでくれる上に、けっこうきく。しかも、ふくらはぎを抑えた状態で上体を伸ばすとか、予想外の動きでストレッチしてくれる!

 いやあ、技術の進歩を感じました。

 それはそうと、母は緑内障の件で、明日、東大病院へ入院。明後日は手術。でもって、約2週間入院する予定。

 今度こそ、手術がうまくいって眼圧が下がることを願うばかり。緑内障は現代の医学では、食い止めることはできても治療はできないって病気ですが、今より悪くなると、ますます日常生活が不便になってしまうと思う。なんとか、現状維持できれば……。

 

 

 

4月2日

 整形外科で診察。真面目にストレッチをしていた甲斐あって、だいぶよくなってきました。左肩のスムーズさに比べるとがくつく感じがあるものの、だいぶ痛みが減ってきたぞ!

 ……って、行ってから気づいたんですが、リハビリを一回すっぽかしてました。おわー! 診察と同じ日に予約入れたもんだとばかり思ってたよ!

 ともあれ、昨日の疲れがたまっていたので、今日は一日ゆっくりとすごしました。

 

 

 

4月1日

 甥っ子が実家に来て、例によって私が丸一日遊び相手をつとめることに。

 今年、小学校にあがる子なんですが、まあとにかく元気で……。健康に勝るものはないし、それはいいことなんですが、疲労困憊。

 ところで、近くのマルエツのダイソーで売っていた、発射器? で回すコマを買って遊んだんですが、たかだか100円のおもちゃなのに、けっこうよくできていてびっくり。よく回る。しかも高速で。

 それと、近くの公園にも連れていったんですが、工事中の新ブランコはまだ未完成で、防柵でガードされ入れない状態。なので、雲梯で遊ばせました。

 

 

 

3月27日

 実家の庭は春の花たちが満開。チューリップ、ハナニラ、ヒヤシンス、ラベンダー……。水まきをしていて、眺めていると、季節を感じます。

 ちなみに私は、ハコベって、小さな白い花を咲かせた風情がけっこう好きなんですが、母は雑草扱い。やむなく抜いています。余談ですが、野ウサギが春のハコベを(ハコベうめぇ)ってむしゃむしゃ食べている姿って、すごく絵になると思います。

 

 

 

3月26日

 ウォーキングで小仲台小学校にさしかかったところ、6人の、おそらくは新一年生とおぼしき男の子、女の子が並んで、それを親御さんが写真に撮っている場面に遭遇。

 そしたら、3人の女の子のランドセルの色が……濃紺、焦げ茶、薄紫。なんと赤のランドセルはひとつもなし!

 ジェネレーションギャップを感じた瞬間でした。

 それはそうと、今日も今日とて千葉公園まで行ってきたのですが、近くの保育園のイベントなのか、ものすごい数の子どもたちが。この子たちもいずれ小学校にあがるのでしょうが、赤いランドセルを背負う女の子はほとんどいないのかな? なんてことを思いました。

 

 

 

3月25日

 今日の暖かさで、千葉の桜は一気に開花だろうなあ。

 千葉公園までウォーキングして、桜の咲き具合を眺めてきました。うん、いい感じ。

 しかし今年は、家族で花見は無理そう。母は目が悪くなっているのもさることながら、足の痛みがなかなか消えず、リハビリで治る見込みではあるものの、現状、杖をつかないと歩けません。

 私は……あと何回、桜の花を見ることになるのかな。

 

 

 

3月21日

 ヨドバシカメラへ買い物に行った後、千葉そごうへ寄ったら、6階の催事場にて、今日から宮城の物産展。

 行ってみたら、冷たい雨にもかかわらず、大混雑! 

 あれこれ眺めて、ずんだ餅入りの鯛焼きにちょっとそそられたものの、長蛇の列を眺めて購買意欲が失せ、買わずに帰ることに。

 

 

 

3月20日

 ううっ、寒いっ! 三寒四温の季節だけれど、この冷えはこたえる!

 グラタンを作って食べました。ふぅー、あったか。

 にしても、いつも私は、日清製粉から出ているママーマカロニグラタンを使って、箱レシピに少し手を加えて作るんですが、あの商品、ホワイトグラタンはちゃんとおいしいのに、なんでミートソースグラタンの方はまずいの? そう感じるのは私だけ?

 

 

 

3月15日

 母の緑内障、眼圧が上がりすぎて、やはり手術した方がいいということになり、4月に入院する運びに。

 見通しがまったく立たないよりはいいと思うんですが、でも、緑内障は現在の医学において、進行を食い止めることはできても、治療することはできない病気。今後は父と私とで、今以上に母を助けてゆかないと……ね。

 

 

 

3月14日

 このところあたたかくなってきたおかげか、毎日こまめに行っているリハビリが功を奏したのか、右肩の可動範囲がだいぶ広がってきました。痛みも薄れてきたぞ!

 もっとも、あいかわらず右下腹部は痛みが出るんですけどね。

 

 

 

3月12日

 献血の、血液検査結果のはがきが届きました。

 どの数値も問題なし。よかったよかった。

 一年間にできる全血の献血は量に制限があるため、次にできるのは8月。成分献血なら4月の終わりあたりからできるんですが、あれは時間がかかりすぎるのがなあ……。

 

 

 

3月7日

 寒の戻りで、寒いっ!

 松戸であった、ベトナム人の女の子(9歳)が殺害された事件の初公判が、6月4日に決定しました。

 傍聴しに行くつもりですが、傍聴券の抽選倍率、すごいことになりそう。

 

 

 

3月6日

 しばらく前から、母が足の痛みで歩けなくなってしまい、どうなることかと私も父も心配していたのですが、MRI検査により原因が判明。

 なんと、足ではなく背骨の異常で神経が圧迫されたために生じていた痛みであるとのこと。

 背骨を矯正するリハビリで治るといいのですが……。

 

 

 

3月5日

 雨と風がすごい。

 午前中は整形外科へ行って右肩のリハビリ。じわじわ良くなっている……ような気がする。少なくとも、12月の状態よりは良くなっています。

 午後は裁判所へ。今日は、姉が同居している弟を刺し殺して、死体をばらばらにして生ゴミとして捨てた事件の判決日。702号法廷にて。

 開廷は午後3時半からですが、傍聴の抽選券の配布は3時ごろからで、3時15分にはしめきり。なので、少し早めに行ったのですが……えええええ! なにこれ! 正面玄関入ってすぐのところに複数の警備員がいて、持ち物検査と金属探知機の検査! 

 これまでにも、裁判が行われる法廷の前の通路でこの手の検査が実施されていたことはありました(ヤクザがらみの裁判など)。しかし、正面玄関でこれをやってるって、どういうこと? 

 警備員の方にそのあたりの話を聞いたところ、今月から実施で、毎日やっているとのこと。じゃあ、裁判所内でなにかあったってことなのか……?

 それはそうと、傍聴予定の裁判ですが、28の傍聴席に対して、傍聴希望者が49人来ました。抽選ですが、2分の1以上の確率で当たり。

 …………。

 ………………。

 ハズレました。ぢぐじょぉー!

 すごすご引き返すことに。

 余談ですが、他の法廷の裁判の内容(廊下にはりだされているやつ)を見て回ったところ、事件番号777という縁起よさげな数字が。でも内容を見たら、強盗・強姦事件。むー。

 帰宅後、ニュースで判決内容を確認したのですが、懲役10年。検察側の求刑である18年から考えると、ほぼ半分の刑期です。まあ、公判の内容や報道の内容からして、殺された弟にも相当な非があるな、と思っていました。音ゲー部屋を作って仲間ひきこんでがんがん騒音垂れ流すとか、ぶっ殺されても文句いえんだろ、そんなの。私の感情的には、むしろもっと刑期短くてもいいんじゃないの? って感じです。ただ、検察のメンツやら他の殺人事件とのバランスやら考えると、懲役13年から懲役15年くらいかなあ、と予想していました。

 にしても、今日はよく歩きました。疲れたー。

 

 

 

3月3日

 うーん、今日はあたたかくていい天気だ!

 てなわけで千葉までウォーキング。ついでに、モノレール駅構内の献血ルームへ行って献血(400の全血)。

 カードのポイントがたまったので、粗品としてレトルトのカレー(チキンカレー)をもらったのですが……帰宅して食べてみたら、おいしくない……。ボンカレーの方がまだマシなんですけど……。

 私が20代だったころは、献血って、図書券とかテレフォンカードとか金券っぽいプチ土産をもらえた記憶があるんですが、今はそういうのってもらえないんですよね。んで、調べてみたところ、今の献血はエイズや肝炎の検査のための検査料が高コストで、献血してくれた人へのお土産にまわせるお金がないんだそうです。

 なんにせよ、このプチ善行でどこかの誰かが助かるといいんですが。

 

 

 

2月24日

 ほんと、この右下腹部の痛みはどうにかならんの? まあ、お風呂に入って身体をあたため、しばらく横になると、だいぶ緩和されるんですけどね。

 それはそうと、オリンピックみていて思うんですが、冬季の種目は特に、お金があって英才教育を受けられる家庭に生まれないことにはどーにもなんないでしょ、ってのが多いなあ、と。

 もし……アフリカの国々が豊かになり、黒人で子どものころから英才教育を受けてきた選手が冬季の種目に出てくるようになったら、どうなるんだろう? なんてことを考えたりします。

 

 

 

2月19日

 整形外科へ行って、右肩のリハビリ。

 痛いけれど、教わったリハビリを毎日自宅でやっているおかげか、じわじわ可動範囲が広がっています。この調子で元通りになってほしー。

 

 

 

2月18日

 印西市にて、家が放火され、女性が殺された事件が報じられました。

 こういうのはチェックしておいて、裁判が始まったら傍聴に行くつもりなんですが、しかし……。

 松戸であった、ベトナム人の女の子が殺害された事件、あれもまだ初公判の日程が発表されていません。

 大きな事件は検察も万全の体制で裁判に臨みたいだろうし、なかなか公判が始まらないんですよね。

 この事件も、初公判はいつになることやら。

 にしても……こうやってあれやこれやの事件をチェックしていると、千葉も、物騒になったもんだなあ……。

 

 

 

2月15日

 風邪ひいちゃってぐにゃぐにゃに。

 体調が悪化するとすぐに右下腹部の痛みが強まります。ちくしょうめ。

 

 

 

2月2日

 ううっ、寒いっ! まーた雪ですよ。

 いっそのこと銀世界になるくらい降ってくれれば雪国気分で心うきうきなんですが、よそは知らず、千葉は少し白くなっているかな、程度。寒いだけ。うぅ……。

 

 

 

2月1日

 ここ数日のコインチェック騒動を眺めていて思うんですが……。

 そもそも、ろくな規制もなしに、怪しげな通貨を怪しげな個人や私企業が発行できちゃうってこと自体、まずいでしょ。

 まあそりゃ、ヨドバシのポイントだの、Tカードのポイントだのも、通貨のはしくれとして流通しているのとほぼ同じなわけですが、でも、そういったものは使いみちはかなり限定されていますからね。少なくとも、円換算やドル換算いくらいくらで堂々と取引されたりはしていない。

 ただ……麻雀や競馬やパチンコやチンチロ、株やFXなど、バクチってどうしようもなく人間をひきつけてしまう魔力があるし、そういうのにはまって一喜一憂するのは、歓喜も恐怖も両方ひっくるめて、面白いことなんですけどね。その意味では、はまっちゃう人がいるのも、わからなくはありません。

 ただ、それにしたって、程度ってものはある。仮想通貨は、規制がゆるゆるで野放しにもほどがある。

 金融庁の役人たちは、この事件、むしろ(やったぜ!)って思っているのかもね。一気に規制をかけて、がちがちにカタにハメてしまえる契機になりうるから。

 

 

 

1月31日

 コストコへ。

 母の目がほんとうに悪くなってきていて、商品を確認するのに難がある状態。私や父が、これがこうで、これがああで、と説明しつつ買い物。

 いつもの私はコストコへ来るとサーロインを買って、たまにはステーキ! なんですが、食が細くなっている影響か、この冬はお肉を食べようって気がほとんど起きません。なので、肉はパスしてピザとソーセージと紅茶のみ購入。

 でもって、夜はブラッドムーン。

 私が生涯で目撃してきた天体ショーとしては、皆既日食に次ぐインパクト! 空に雲がなくてよかった!

 

 

 

1月26日

 遅まきながら、もいいとこですが、父とともに京成ローザでスター・ウォーズ最後のジェダイを観てきました。

 んー……。JJエイブラムス監督の前作、私にはまったくあわなかったんですが、今作はそれよりずっといいかな、と。

 にしても、ハン・ソロ役のハリソン・フォードが役者として大ブレイクしたのに対し、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルはなぜそうならなかったのか謎だったんですが、今作でその理由が少しわかった気がする。

 スター・ウォーズ第一作でアレック・ギネスが演じたオビワン・ケノービは風格があって、ただ者っぽく振る舞う努力をしているにもかかわらずただ者じゃないんですよってオーラが出てしまっていて、じつはジェダイでしたって展開も納得、だったんですが、しかし……。今作でマーク・ハミルが演じた、年老いてマスター・ジェダイとなったルークは、なんかこう、そういうオーラがほとんど感じられなくて、ただの人っぽかったというか……。ラストの活躍するシーンくらいは、もっとこう、アクション以外の部分で、じつは凄い人だったんだ! ってオーラを出して欲しかったというか……。

 それはそうと、次の、ハン・ソロの若いころを描くスピンオフ作品は6月公開。ディズニーになってから、スター・ウォーズ作りすぎでしょ。もっと時間をかけていいもの撮ってほしいっ!

 

 

 

1月22日

 おぉ〜。けっこう積もったなあ。

 見慣れた風景が銀世界へと変貌。いいなあ、たまには、いい!

 昼少し前、実家へ行って雪かき。でも、太陽がえらい勢いで照ってきて、雪はあっというまにぐじゃぐじゃに。

 まあ、溶け残ったのがいつまでも残るってのも、それはそれで困るんですけど、ね。

 

 

 

1月15日

 右肩の件で整形外科へ。

 リハビリ期間、半年くらいと考えてください、だって。うおあー。まあ確かに、パソコンのキーボードをたたいていても、一定時間が経過すると重だるい嫌な感じが出てきて、ちょっとまずいんじゃないの、って気はしていましたが……。

 まあそれでも、半年の我慢で治ると思えば、ね。

 

 

 

1月10日

 ぐっすり眠ったおかげで回復。

 こういう寒い季節こそ、身体を動かして健康維持に努めないと! てなわけで千葉までウォーキング。

 排便がたまってくると痛みが出てくるため、大腸の蠕動を活発にするためのウォーキングや軽いジョギングは、もはや私の生活において必須の運動です。

 でも、人間……現生人類であるクロマニヨン人は、ネグロイドの出アフリカの時代から、歩いて歩いて歩いて、世界中へ広まってゆきました。骨格や筋肉の構造からいっても、長距離を移動する能力に長けた生き物です。だから人間にとって、歩くのは最も自然かつ理にかなった運動だと思う。

 実際、歩くのって、気持ちいいんですよね。もちろん、あまりにも歩きすぎるのは、それはそれでまた考えものなのでしょうけれど。

 

 

 

1月9日

 風邪で一日寝込む羽目に。うぅ……。

 

 

 

1月4日

 北千葉整形外科で右肩のMRI検査。

 CTスキャンと違って造影剤はありませんが、時間がかかります。にしても、私は大丈夫だけど、これ、閉所恐怖症の人はむりむり絶対むりカタツムリじゃないの? 動かないよう縛られた状態で狭くて暗いところに入れられ、十五分だか二十分だか、ぐぉんぐぉん不気味な音が鳴り響き続けます。

 ふぅー。

 このMRIの結果をもとに、今後どうするか方針を聞かされるのは、15日。

 

 

 

1月2日

 昨年の 独り言 を読み返すと、昨年の2日には実家にて両親と花札をしたとあるのですが……母の目がいよいよ悪くなってきていて、今はもうそういうことができません。これ以上悪くならないことを祈るばかり。

 ところで、この2日の夕刻、ふと空を見上げたら、とんでもなく大きな月が……!

 なんだあれは?! 後で調べたら、スーパームーンだったんですね。

 

 

 

1月1日

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年もそうでしたが、今年の抱負も『健康をとりもどす』。

 腸閉塞だけは絶対に嫌なのでウォーキングしつつ、薬もきちんと飲んで体調管理、そんでもって右肩もはやく治したいものです。

 それはそうと、思うところへあって穴川神社へ初参りに行ったのですが、普段は閑散としている神社なのに、大混雑! お参りのための列に、寒空の下、一時間近く並ぶことに。

 だけどここは宮司の方が無料でお祓いしてくれる上に、甘酒も無料です。アットホームな神社なのです。このあたりの神社では、けっこう穴場だと思う。穴川神社だけに。

 


 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\yorunami\Desktop\My Web\gazou\homehe.gif